KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

【横浜】真夏の炎天下の中、中華街を食べ歩きしてきた

  • 作成日:2018/08/09

横浜の元町・中華街で食べ歩きをしてきました。 記録的猛暑の2018年夏の出来事です。

【横浜】真夏の炎天下の中、中華街を食べ歩きしてきた

中華街の行き方

中華街へは横浜の「石川町駅」か「元町・中華街駅」のどちらかで降りていけますが、 私は横浜に用があったのでJR横浜駅からみなとみらい線を使い元町・中華街駅で降りました。

元町・中華街駅の3番出口からでると目の前に中華街の門が見えるので、 こちらの出口から中華街へ向かうのをお勧めします。

食事レポート

実際に食べたものを画像付きでレポートします。

横浜大飯店の北京ダック

まずは、横浜大飯店というお店の北京ダックを食べました。

横浜大飯店の北京ダック

肉と野菜が混じったパンのようなものです。 ケンタッキーのツイスターに似ていますが、サイズは北京ダックのほうがかなり小さいです。

実は有名な中華街大飯店の北京ダックを探していたのですが、間違えました。 大飯店という名前のお店はたくさんあるのを後から知りました。でも美味しかったですよ。

鵬天閣(ホウテンカク)の小籠包

続いて鵬天閣の小籠包です。

鵬天閣の小籠包

ここは色々なサイトで紹介されている有名なお店ですね。 皮が結構厚いので食べ応えがありました。

できれば肉汁をこぼさずに1口で食べたいところですが、猫舌の人は地獄をみます。 いきなり口にれると中身の汁が熱いので、少し冷ましてからお召し上がりください。

江戸清(エドセイ)のブタまん

こちらも超有名な江戸清の巨大ブタまんです。

江戸清のブタまん

価格は500円くらいだったと思いますが、とにかくボリューミーなブタまんです。 外見に気を取られて中身を撮り忘れたので脳内で補完してください。 あとフカヒレとチーズの餅?のようなものも食べました。

江戸清のチーズフカヒレ

ブタまんとはまた違った食感で美味しかったですが、どこがフカヒレなのか庶民の私には最後まで謎でした。 ガクト様なら一発でわかると思いますが。

まとめ

紹介したのはどれも中華街の門を抜けて大通りを少し歩いたところにあるお店ばかりです。 写真にはありませんがソフトクリームもあり、こちらも濃厚で美味しかったです。

色々歩いてお店を見たかったのでレストランには入りませんでしたが、気温が余裕の30度越えなので汗だくです。 真夏はお店に入って涼みながら食事をして、食べ歩きは秋~冬のほうが良いと思いました。

ちなみに、「食べ歩き」と書きましたが実際に食べながら歩くのはマナー違反なので、 食事をする時は邪魔にならないところで立ち止まって食べましょうね。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI