KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

完全ワイヤレスイヤホン「Meilunz NB7」のレビュー

  • 作成日:2018/09/26
  • 更新日:2018/12/09

完全ワイヤレスイヤホンとしてはお手頃価格のMeilunzのNB7を購入して使用したので、そのレビューです。

完全ワイヤレスイヤホン「Meilunz NB7」のレビュー

製品仕様

NB7の主な製品仕様は以下となります。

Bluetoothバージョン 4.1
使用時間 2~3時間
重量 4.5g
防水規格 IPX5
プロファイル A2DP/HFP/HSP/AVRCP
コーデック AAC
Bluetooth有効距離 10メートル

価格が安い割にそれなりに良い機能がついていますが、使用時間が少し短めですね。 付属のケースがモバイルバッテリー代わりになりますが、これを持ち歩かないと長時間の使用は厳しいでしょう。

完全ワイヤレス スポーツイヤホン IPX5防水 片耳 両耳とも対応 左右独立型 Bluetooth イヤホン マイク内蔵 ハンズフリー通話 小型 軽量 iPhone Android 対応 防汗防滴 Meilunz NB7 (ブラック)

本体と付属品

NB7を購入して付いてくる物は以下となります。

  • イヤホン本体
  • 充電機能付きの収納ケース
  • ソフトイヤーピース(S/M/L)
  • ソフトイヤーフック(M/L)
  • USB充電ケーブル
  • 持ち運び用ポーチ

イヤーピースは最初から装着されている物を含めてS/M/Lの3つのサイズがあるので、 自分に合うサイズを選べます。イヤーフックはMとLの2種類のサイズです。

製品内容

持ち運び用ポーチはこちらです。

持ち運び用ポーチ

注意点としては付属品にACアダプターがないことですね。 コンセントから充電するには別途ACアダプターが必要なのでご注意ください。

私はスマホのACアダプターを代わりに使っています。

ペアリング方法

左右2つのイヤホン本体をそれぞれ長押しすることで、イヤホン同士がペアリングされます。 赤と青の点滅が始まったら、次は音楽プレイヤーとペアリングして完了です。

1度ペアリングしてしまえば次回からは自動的にペアリングされますが、 電源を入れるのは手動なので、毎回イヤホン本体を長押しする必要はあります。

使ってみた感想

使ってみた感想としては、満足しています。 初の完全ワイヤレスイヤホンだったので様子見として3500円程度の安いNB7にしてみましたが、 思ったよりも使い勝手は良いです。

音質

私はそれほど音にうるさいわけではないので専門家のようなことは言えませんが、 普通に不満はありません。音楽を聴いていて音が悪いと感じたことはないです。

着け心地と密閉具合

イヤーフックがあるので耳から落ちることはまずないでしょう。 約1時間のランニングで使用してみましたが、1度も落ちることはなかったです。

また、装着した時に耳にフィットするので音漏れもないと思います。

防水

防水規格がIPX5なので、スポーツ時の汗程度では問題なく使えるでしょう。 しかし、水の中に完全に水没されるのは危険なのでご注意ください。 もちろん水泳などはNGです。

音飛びと音切れ

Bluetooth送信機にもよりますが、Bluetooth4.2搭載のAndroidで接続したら問題なく聞けました。 東京駅付近の帰宅ラッシュ時でも音飛びと音切れはあまりありませんね。

補足

音が途切れても自動的に再接続してくれます。

時々左右どちらかのイヤホンの音が切れますが、すぐに自動接続されて復活するので、 あまり気になりません。

総括

コスパが良い商品だと思います。 一番心配していたのは完全ワイヤレスイヤホンの天敵でもある音飛びと音切れですが、 ちゃんとしたBluetooth送信機を使えば大丈夫です。

左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンは高いものだと何万もするので、まずはどんなものか様子見で買うのにNB7は適している商品だと思います。 まさに入門機といったところでしょうか。個人的には大満足で、もう有線イヤホンには戻れません。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI