KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

【確定申告】Googleアドセンスで年間収益を確認する方法

  • 作成日:2019/03/02

確定申告をするときに使うGoogleアドセンスの年間収益の確認方法です。 間違いやすい計算もあるので、わかりやすく解説します。

【確定申告】Googleアドセンスで年間収益を確認する方法

年間収益の確認方法

まずは Googleアドセンス へログインしてホーム画面を表示します。

続いて左サイドメニューにある「お支払い」を選びます。

Googleアドセンスの年間収益確認方法1

収益情報が表示されるので「ご利用履歴を表示する」を選びます。

Googleアドセンスの年間収益確認方法2

期間を設定して「収益」を選びます。

Googleアドセンスの年間収益確認方法3

指定した期間の収益情報が表示されます。 各月の「収益」と「無効なトラフィック」が一覧になっているのがわかります。

Googleアドセンスの年間収益確認方法4
「無効なトラフィック」とは何らかの理由で収益にならなかったものです。 ゆえに、確定申告で申請する金額はこの無効になった収益を差し引かなければなりません。

収益の計算方法

確定申告で申請する金額は「収益」から「無効なトラフィック」を引いて求めます。

実際の収益 = 収益 ー 無効なトラフィックの金額

これを各月毎に計算します。1月~12月まで毎月利益がある人は12ヶ月分ですね。 そして、1月から12月の支払金額の合計がGoogleアドセンスの年間収益となります。

「お支払い」で計算する時の注意

Googleアドセンスは「お支払い」という項目で支払金額が確認できます。

Googleアドセンスのお支払い

これは、実際に銀行に振り込まれた金額であり「収益 ー 無効なトラフィックの金額」となっています。 「じゃあこの金額を使えば簡単じゃん」と思うかもしれませんが、1つ注意があります。

それは、支払った時期と収益が発生した時期は同一ではないという事です。

例えば、収益が発生したのは12月でも実際に振り込まれるのは翌月の1月です。 なので、前年の1月~12月の支払金額を加算しても正しい金額は求められません。 支払金額で年間収益を正しく計算する場合は、前年の2月~今年の1月までを加算する必要があります。

よくわからなければ、最初に説明した通り「収益 ー 無効なトラフィックの金額」で計算すると良いでしょう。 どちらで計算しても同じことです。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI