KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

クリップボード拡張で効率UP!複数のコピー履歴を保存できるCLCLの使い方

  • 作成日:2018/03/10

ブラウザのコピー機能を拡張できるCLCLのご紹介です。 無料で使用でき、使い方もシンプルです。コピペをよく使う方はぜひ試してみて下さい。

クリップボード拡張で効率UP!複数のコピー履歴を保存できるCLCLの使い方

CLCLとは

CLCLとはブラウザのクリップボード機能を拡張するフリーソフトです。

通常はブラウザ上で何かをコピーすると1つ前にコピーした内容は上書きされて消えてしまいます。 しかしCLCLを利用すると過去にコピーした履歴が残るので、同じものをコピーするのが非常に楽になります。

また、特定の文章を登録しておくことも可能なので、よく使う文章をすぐにコピペできます。 ちなみにテキストだけでなく画像も履歴が残ります。

Windows10も動作対象

CLCLはクリップボード拡張機能の中でも歴史が長い老舗ソフトです。 2015年のアップデートによりWindows10も動作対象になりました。

ダウンロードとインストール方法

CLCLは以下のサイトからダウンロード可能です。

インストールするには、ダウンロードしたexeファイル実行します。 するとインストール画面が表示されるので「次へ」を押下します。

CLCLのインストール【PC】
CLCLのインストール【モバイル版】

続いてインストール先のフォルダを指定します。 特に指定がなければ初期状態のままで良いでしょう。そのまま「次へ」を押します。

CLCLのインストール2【PC】
CLCLのインストール2【モバイル版】

次はスタートメニューフォルダについてです。 スタートメニューフォルダが不要な場合は「作成しない」にチェックを入れます。 共有PCなどで自分以外のユーザにフォルダを表示させたくない場合は「すべてのユーザを対象にする」のチェックを外します。

よくわからなければデフォルトのまま「次へ」でOKです。

CLCLのインストール3【PC】
CLCLのインストール3【モバイル版】

次はスタートアップのショートカットについてです。 不要な場合はチェックを外して「次へ」を押します。ここではショートカット有で先に進みます。

CLCLのインストール4【PC】
CLCLのインストール4【モバイル版】

最後に確認画面です。インストール内容に問題がないかを確認して「次へ」を押します。

CLCLのインストール5【PC】
CLCLのインストール5【モバイル版】

インストール先フォルダがないと次のようなメッセージが表示されますが、 そのまま「はい」を押してOKです。

CLCLのインストール6

以上でCLCLのインストールは完了です。

CLCLの使い方

まずはインストールしたCLCLをスタートメニューなどから起動させます。 起動するとタスクバーに以下のようなCLCLアイコンが表示されます。

CLCLのアイコン

アイコンを右クリックするとCLCLの画面が表示されます。

CLCLの使い方

では、基本的な使い方を見ていきましょう。

コピー履歴からクリップボードへ送る

まずはコピーした履歴を使う方法です。 「履歴」を押すとデータ領域に今までコピーしたテキスト・画像が表示されます。

履歴機能の使い方1

BITMAPというのは画像です。テキストはもちろん画像のコピーもこのように履歴に残ります。

これらの履歴をもう一度クリップボードにコピーする場合はコピーしたいものを選択して右クリック→ クリップボードに送るを選びます。

履歴機能の使い方2

これでクリップボードにコピーした状態になるので、好きなところにペースト可能となります。

アイテムを登録してクリップボードに送る

テキストや画像を登録しておくと、いつでも好きなときにクリップボードにコピーすることができます。 いわゆるお気に入りに登録しておくイメージですね。

履歴からコピーしても良いのですが、履歴は一定数を超えたら古いものから順に消えていくので、 常に使うものはアイテム登録しておくと良いでしょう。アイテムの登録の仕方は2つあります。

登録方法

1つ目の登録方法は現在コピー状態になっているものを登録する方法です。 登録したいテキスト・画像などをコピーして、 「登録アイテム」を右クリック→クリップボードから貼り付けを選びます。

アイテムの登録方法1

2つ目の登録方法として、クリップボードのコピー履歴からアイテムを登録することもできます。

履歴にあるアイテムを選択するとデータ領域に履歴一覧が表示されるので、 登録したいアイテムを右クリック→登録アイテムに追加を選びます。

アイテムの登録方法2

これでアイテム登録は完了です。

クリップボードに送る方法

次に登録したアイテムをクリップボードに送りコピー状態にするやり方です。

登録アイテムを選択するとデータ領域に登録アイテムが表示されます。 そこでコピーしたいアイテムを右クリック→クリップボードに送るを選びます。

登録したアイテムをコピーする

これでアイテムがコピー状態になりました。 このように、数クリックで履歴からコピーを取得できるようになっています。

自分に合った設定をしよう

CLCLは初期状態の設定でも便利に使えますが、ちょっとした設定で自分好みにカスタマイズできます。 ここでは主な設定項目を簡単にご紹介します。

CLCLの設定画面を開くには、表示→オプションと進みます。

オプション

履歴タブでは履歴の件数や重複時のチェックなどを設定できます。

履歴の設定【PC】
履歴の設定【モバイル版】

赤枠が主に変更することが多いであろう項目です。 自分の好みの設定で良いのですが、重複チェックは少し注意が必要です。

直感的に考えると重複した履歴は不要だと思うので「全ての履歴をチェックする」などを選ぶかもしれませんが、 これにチェックを入れるとかなり昔にコピーした履歴が上のほうに上がってこず、埋もれます。

補足

コピーすると通常は履歴のトップに表示されます。 しかし重複チェックを有効にすると、コピーしたものと同じのが履歴にある場合はトップに表示されません。

特に履歴に残す件数を多く設定していると探すのが大変になるので、 自分のコピペ事情に合わせてそれぞれ設定すると良いでしょう。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI