KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

エックスサーバーで無料独自SSL化の設定時のCSR情報は不要か

エックスサーバーでは無料で独自SSL化の設定をすることが可能です。 独自SSLを設定すると、サイト・ブログURLがhttpからhttpsとなります。 これにより通信が暗号化され、セキュリティが強化されます。

エックスサーバで独自SSLを設定するときに、CSR情報を入力する箇所があるのですが、 そもそもこのCSR情報というのは必要なのでしょうか。

CSR情報が必要か否かトップ

これからご紹介するのは、ムームードメインにて独自ドメインを取得して、それをエックスサーバーで使えるようにする設定手順です。 ムームードメインの新規登録及び、エックスサーバーの新規登録は完了している前提のお話なのでご認識ください。

そもそもCSR情報とは

CSRとは「 Certificate Signing Request」の略称です。 別の呼び名として「証明書署名要求」とも言われます。

名前からして、何かを要求するのはなんとなくわかりますが、何をどこへ要求するのかはイマイチわかりにくいですね。 そもそも、何で証明書の要求が必要なのかというのも疑問だと思います。順を追って分かりやすくご説明します。

なぜCSR情報が必要なのか

通信を暗号化するSSLを利用するには、サーバー証明書という電子証明書が必要なのですが、 このサーバー証明書を発行してもらうために、CSR情報が必要なのです。

つまり、SSLを使いたいからサーバー証明書を発行したい。 そのために、CSR(証明書の要求)が必要ということです。

CSR情報で何をどこへ要求するのか

CSR情報は認証局と呼ばれるところへ提出する要求です。 認証局は信頼のおける第三者機関で、サーバー証明書を発行するところです。

そして、要求する内容は自分の情報です。 エックスサーバーのCSR情報の入力欄をご覧になるとわかりますが、都道府県や組織・部署名など です。

CSR情報は必要か不要か

エックスサーバーの無料独自SSL化は「Let’s Encrypt」というプランなのですが、 このLet’s Encryptの場合は、CSR情報は特に必要ありません。

企業として別の有料SSLプランを利用するならともかく、個人でブログ・サイトを運営する場合は不用と考えて問題ありません。 なので、エックスサーバーの無料独自SSLを利用する場合は、下記画像のように、CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するチェックは外して問題ありません。

CSRの有無

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI