KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

エックスサーバーで無料独自SSL化の設定をする手順まとめ

エックスサーバーで無料の独自SSLを設定する手順のまとめです。 独自SSLを設定することで、運営するブログ・サイトの安全性を高めることが可能となります。 無料で設定できるので、やっておくことをおすすめします。

エックスサーバー独自SSL設定のトップ画像

エックスサーバにはSSL化プランとして、無料プランと有料プランがありますが、 今回ご紹介するのは「Let’s Encrypt」という無料プランです。 個人でブログ・サイトを運営する場合は、まずはこちらの無料独自SSLプランから始めるのが良いかと思います。

また、エックスサーバー側でSSL化設定するだけではなく、その他にもやっておくべき重要なこともあるので、あわせてご紹介します。

独自SSL化前の事前準備

エックスサーバーで独自SSL化設定をする前に、いくつか事前準備が必要です。 SSL化をスムーズにやるために、これらの準備はしっかりとやっておくと良いです。

事前にバックアップをしておく

まずは独自SSL化するブログ・サイトのバックアップをしておくことを強くおすすめします。 後述しますが、ソースファイルの中身を変更することになるので、何かあったときに元に戻せるようにしておくと 安心ですね。

ソースファイル内のhttpをhttps対応にする

次にソースファイル内の修正です。独自SSL化するとURLがhttpsになるため、 ソースファイル内のhttpをhttps対応にします。

httpをhttpsに置換すれば良いかと思いがちですが、少しちがいます。

実際にはhttp:を除外するだけで良いのです。

変更前 変更後
http://ABCD.com/ZYX/ //ABCD.com/ZYX/

「http:」を除外すると、自動的にhttpsアクセスをしてくれます。 Googleもこの形式で記述することを推奨しているため、httpsに置換するのではなく http:を除外する対応をすると良いです。

エックスサーバーで独自SSL化の設定

バックアップとソースファイル内のhttps対応が完了したら、ついにエックスサーバーにて独自SSL化の設定をします。

まずは以下のリンクからサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーのサーバパネル

サーパパネルの「ドメイン」カテゴリーに「SSL設定」という項目があるので、それを選択します。

独自ドメイン検索

SSL設定を選んだら、ドメイン選択画面が表示されます。独自SSL設定をするサイトを選択してください。

独自ドメイン検索

独自SSL設定の追加タブを選び、対象のサイトを選択します。 CSR情報については、個人ブログ・サイトならば不要なので、チェックはいりません。 詳しくは以下のページで紹介しています。

エックスサーバーで無料独自SSLを設定するのにCSR情報は不要か

最後に独自SSL設定を追加する(確定)ボタンを押下します。

独自ドメイン検索

以下のように「SSL新規取得申請中」です。というメッセージがでるので、少し待ちます。

独自ドメイン検索

数分でこの青色メッセージは消えます。後はサイトがSSL化するのを待つのみです。 サイトにより時間は異なりますが、以下画像のメッセージ通り長くても1時間ほどで終わるかと思います。

独自ドメイン検索

これでエックスサーバーの独自SSL化設定は完了です。

独自SSL化後の設定

独自SSLの設定が完了した後にやることのご紹介です。 SSL化設定をしてから、以下の設定も忘れずにやっておきましょう。

htaccessを編集し301 リダイレクトすることで常時SSL化する

エックスサーバーで独自SSL設定が完了したこの時点で、サイトはSSL対応になっています。 しかし、今までサイトのURLはhttpだったので、閲覧者がhttpのURLでアクセスをすると SSL対応ではないアクセスになってしまいます。

これを解消するには、htaccessを編集して301 リダイレクト設定をする必要があります。

この301 リダイレクト設定をすることで、httpでアクセスした場合も自動的にhttps対応のアクセスになります。 結果、常時SSL化となりサイトの安全性が高まります。

では、htaccessを編集するために、まずはエックスサーバーのサーバパネルにログインをして下さい。

エックスサーバーのサーバパネル

サーバパネルの「ホームページ」カテゴリーに「.htaccess編集」という項目があるので、それを選択します。

独自ドメイン検索

htaccess編集を選んだら、ドメイン選択画面が表示されます。htaccess編集をするサイトを選択してください。

独自ドメイン検索

.htaccess編集赤枠のところに以下を入力します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

入力後に、「htaccessを編集する(確定)」ボタンを押下して下さい。

独自ドメイン検索

確認画面で確定ボタンを押下すれば、これでhtaccessの編集は完了です。 httpアクセスがあっても、301 リダイレクトされhttpsアクセスとなります。

利用しているGoogleサービスの設定を変更する

Google AnalyticsSearch Consoleを利用している場合、 サイトの独自SSL化に伴ってURLをhttpからhttpsに変更する必要があります。 ブログやサイトを運営している方は、これらのGoogleサービスを利用していることが多いので、 忘れずに設定しておきましょう。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2018 KONOTI