KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

PHPファイルをローカル環境で実行しよう!XAMPPの使い方

  • 作成日:2018/06/10

XAMPPを使ってPHPをローカル環境で実行するやり方のご紹介です。 ちなみにXAMPPと書いてザンプと読みます。

PHPファイルをローカル環境で実行しよう!XAMPPの使い方

XAMPPとは

PHPをローカルで実行できる無料ソフトウェアです。

PHPはサーバ側で実行されるプログラム言語なので、JavaScriptなどと異なりローカル環境では普通は動作確認ができません。

よって、PHPで書いたソースコードの確認をしたい場合はファイルをサーバにアップロードして確認しなければいけません。 これは非常に面倒です。そこで登場するのがXAMPPです。

XAMPPを使えばサーバを用意する必要もなく、ローカルPCだけで簡単にPHPの動作確認ができるのです。

XAMPPのインストール

さっそくXAMPPをダウンロードして、それをパソコンにインストールしてみましょう。 まずは以下のURLへアクセスして下さい。

各パソコンのOS向けにダウンロードがわかれています。 ここではWindows向けをダウンロードします。

XAMPPのダウンロード

上記のダウンロードリンクを押し、少し経つと自動的にダウンロードが開始されます。 現在Window版は32bitのみですが、64bitのOSでも問題なく使用できます。

ダウンロードが完了したらソフトウェアを実行します。 セキュリティソフトをパソコンに導入していると以下のような警告メッセージが表示されますが、 問題ないためYESを選びます。

XAMPPのインストール

こちらもOKを押します。

XAMPPのインストール2

ここからXAMPPのセットアップ画面が始まります。

XAMPPのインストール3

インストール対象を選びます。 不要なものはチェックを外して良いのですが、よくわからなければそのまま進んでかまいません。

XAMPPのインストール4

XAMPPのインストール場所を指定します。 ここもデフォルトのまま進みます。

XAMPPのインストール5

この画面はXAMPPのインストールには関係ないソフトウェア導入についてなので、 チェックを外して次へ進みます。

XAMPPのインストール6

最後の確認ですね。インストールをするにはそのまま進みます。

XAMPPのインストール7

インストールが開始されるので少し待ちます。完了すると以下のような画面が表示されるので、 チェックを入れたままFinishを押してください。

XAMPPのインストール8

言語の選択ですが、日本はないのでアメリカを選びましょう。

XAMPPの開始

以下のようなコントロールパネルが表示されればインストールは正常に完了しています。

XAMPPのコントロールパネル

次項から操作方法を解説していきます。

XAMPPの使い方

XAMPPの使い方の紹介です。Apacheを起動させてファイルを配置するだけなので非常に簡単です。

Apacheを起動させる

XAMPPを使用するにはApacheを有効にします。 ApacheというのはWebサーバソフトのことで、簡単に言えばPHPが動く土台を起動させるようなものです。

まずはコントロールパネルのApacheの「start」ボタンを押下してください。

XAMPPの使い方

するとApacheが起動します。

XAMPPの使い方2

PHPファイルの設置と実行

実行させたいPHPファイルを用意して、以下のローカルフォルダに配置してください。

ローカル

            C:\xampp\htdocs
                        

上記のパスには既に色々なファイルがありますが、今は気にする必要はありません。 配置が完了したらそのファイルを実行してみましょう。

実行するにはブラウザで以下のURLにアクセスします。

Web

            http://localhost/ファイル名

            //ファイル名がtmp.phpの場合
            http://localhost/tmp.php
                        

これでPHPファイルが実行できます。 Webブラウザの「http://localhost/」がローカルの「C:\xampp\htdocs\」にあたります。

PHPファイルのパスを変更する

「C:\xampp\htdocs\」には初期状態から色々なファイル・フォルダがあるので、ここにファイルを置いていくと見にくいですよね。 なので、このフォルダに好きなフォルダを作成する例をご紹介します。

例えば、「C:\xampp\htdocs\」にphpというフォルダを作成し、ここにPHPファイルを配置したいとします。 「C:\xampp\htdocs\php\ファイル名」といった形ですね。

これをブラウザで確認するにはURLは「http://localhost/php/ファイル名」となります。

ローカルパスの「C:\xampp\htdocs\」をベースとして、 ここの階層が変化すれば同じようにブラウザで確認するURLも変化することになります。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI