KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

小説「スターティング・オーヴァー」のあらすじと感想【ネタバレ注意】

  • 作成日:2018/09/12

三秋縋さんの小説「スターティング・オーヴァー」のあらすじと感想です。 感想ではネタバレを含むのでご注意ください。

小説「スターティング・オーヴァー」のあらすじと感想【ネタバレ注意】

あらすじ

不満がない幸せな生活を、もう一度・・・

主人公は20歳の男子大学生です。 最高な家族、最高の友人、素敵な恋人がいて何一つ不満のない生活を送ってきましたが、 とある理由からタイムリープをして10年前の自分に戻ります

幸せであったゆえに、違う人生を選ばずに同じ人生を再現することを選ぶ主人公。 しかし、現実は思うようにいかなくて・・・。

幸せの意味を問いかける、人生をやり直す権利を与えられた青年の物語です。

スターティング・オーヴァー (メディアワークス文庫)

感想

ここからはネタバレを含むのでご注意ください。

最初に思ったこと

後半になって急展開が多い印象の小説でした。 特に印象深いのはヒロインのヒイラギもタイムリープしていたことと、 主人公達がこの世を去る運命にあったことでしょうか。

そして、結果的に物語としてはハッピーエンドで終わっています。 主人公とヒイラギはスタートダッシュこそ失敗したものの、20歳で人生を終えることなく今後もずっと生きていくことでしょう。

交わす言葉はありませんでしたが、2人ともつらい10年間を共に生き抜いてきたのです。 この後の彼らの生活は、きっとトキワとツグミよりも輝いていくのではないでしょうか。

補足

むしろ幸せに慣れているトキワ達のほうが心配ですね。 何をしても虚無感がありそうです。あと、トキワがおかしくなりそうな予感もします。

人物について

主人公の視点で物語が書かれています。 非常に読みやすいのですが、個人的には少し主人公視点が強すぎる印象でしたね。 語り手としては少し馴れ馴れしいイメージであり、共感と同情はするけれど好感はもてませんでした。

それにしても主人公もヒイラギも健気でしたね。 1週目の恋人を盗られてしまったと勘違いをして、 相手を尾行していたのですから。

やっている行為は褒められることではありませんが、「彼(彼女)の隣にいるのは自分なのに!」という気持ちが強かったのでしょう。 元恋人を忘れられないこの描写は、読んでいて切ないものがありました。

タイムリープ

多くの小説に登場し、誰もが1度は夢見るタイムリープが全ての始まりです。 なぜタイムリープしたのかはわかりませんが、きっかけはクリスマスイヴの交通事故です。

タイムリープしたことで人生再スタートが可能となった主人公ですが、 1週目の人生とは似つかないほど落ちぶれていくのは悲惨です。

主人公が何故かあまり可哀そうに思えなかったのは自虐的な語りが影響していたからでしょうか。

ドッペルゲンガー

まさかトキワとツグミが主人公とヒロインのドッペルゲンガーとは驚きです。 最初は「主人公とヒイラギ」のペアか「トキワとツグミ」のペアのどちらかは 事故に合う運命だと思いましたが、そうではなかったですね。

「両方とも回避できるのかいっ!」と思ってしまいました。 良い結果ではありますが、結構簡単に悲惨な運命を回避できてしまうものなのですね。 「なんで運命が変わらないんだ!?」と主人公が四苦八苦するよくあるパターンではなかったようです。

実は物語が終わった後に助けた代償として主人公たちに不幸が・・・というオチは考えないようにしましょう。

最後に

前半は主人公の自虐的な語りが多く、少し退屈な感じがしました。 しかし後半にかけては面白い展開が続くので、ぜひ最後まで読破して欲しい小説です。

また、ほとんどが主人公一人の行動なので、主人公とヒロインとのやり取りが非常に少なかったですね。 二人が本格的に話すのも物語のラストになってからです。

ちなみに、タイトルにある「スターティング・オーヴァー」とは「再出発」という意味です。「人生をやり直す」ということですね。

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI