KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

容量不足解消!スマホ・タブレットの空き容量を増やす3つの方法

  • 作成日:2018/02/15
  • 更新日:2019/02/16

スマホ・タブレットはPCと違い内部ストレージの容量が少なめです。 写真や動画をたくさん撮ると、すぐに容量不足になりますよね。 それの解消方法・対策をご紹介します。

Amazonレビューの信頼性と参考の仕方について

SDカードなどの外部ストレージで容量を増やす

「内部ストレージの容量がいっぱいなら、外部ストレージ(SDカード)を使いましょう」というのが1つ目の解決策です。

SDカードにも色々種類がありますが、 スマホ・タブレットの外部ストレージはmicroSDカード、microSDHCカード、microSDXCカードの3種類がよく使われます。 この3つの違いは「容量がどのくらいか」というだけで、基本的な使い方は同じです。

SDカード

スマホにより使えるものとそうでないものがあるので、使う前にお使いのスマホの情報を確認する必要があります。

SDカードの例ですが、2019年2月現在、Amazonでベストセラーになっているものは以下のようなものです。

Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO

新品価格
¥1,050から
(2019/2/16 20:12時点)

この商品は32GBですが、他にも128GBのものなど容量は様々なものがあります。 ただ、基本的には容量が増えれば値段も高くなります。

より詳しい説明は以下にまとめています。SDカードはAndroid・タブレットでは直接利用できますが、 iPhoneやiPadではSDカードリーダーが別途必要になるためご注意ください。

クラウドストレージを使う

クラウドストレージとは「インターネットを使ってファイルを保存できるサービス」です。 オンラインストレージともいいます。

クラウドストレージは厳密にいうと空き容量を増やすわけではないのですが、 容量不足を解消する手段としては非常に有効なので、2つ目の解決策としてご紹介します。

2

一般的にクラウドストレージはSDカードと異なり、保存するデータが手元にあるわけではありません。 クラウドストレージを提供している会社にデータを預けることで、 端末内の容量を消費することなくデータを保存することができます。

クラウドストレージ

ただ、預けたデータはいつでも取り出せるので、あたかも自分の端末内にデータがあるように感じます。 どれだけの容量を預けられるのかは、会社によって様々です。

無料で使えるクラウドストレージの比較

クラウドストレージを提供している会社はたくさんあるので、 有名なものを簡単に比較してみました。

無料で使えるものも数多くありますが、有料のサービスよりも預けられる容量が低い傾向にあります。 以下が無料で使えるクラウドストレージの例です。

サービス名 容量
Google Drive 15GB
Dropbox 2GB
OneDrive 5GB
Googleフォト 無制限

これは特に有名なクラウドストレージサービスの例ですが、 Googleフォトに注目してください。 容量無制限で無料という破格ぶりです。

もちろん、デメリットなしで無制限というわけではありません。 Googleフォトにつていは以下に詳しくまとめています。

不要なキャッシュを削除する

最後の解決策として、不要なキャッシュを削除することで空き容量を増やせます。 誰でも簡単にできることなので、実施していない方はぜひやってみてください。

ちなみに、キャッシュとはインターネットでサイトを閲覧したときに、自動的に蓄積されるデータです。 キャッシュがあると次に同じページに訪問した時にページを早めに表示することができます。

キャッシュ

キャッシュは知らず知らずのうちに溜まっていくので、定期的に削除すると容量不足解消に役立ちます。 良く訪問するページはどうせすぐにキャッシュができるので、たまにしかいかないサイトのキャッシュを消すという意味で、 削除しておくことをおすすめします。

iPhone・iPadでキャッシュを削除する方法

iPhone・iPadでキャッシュを削除するには以下の手順を実施します。

  • 「設定」を選ぶ
  • 「safari」を選ぶ
  • 「詳細」を選ぶ(下の方にあります)
  • 「webサイトデータ」を選ぶ
  • 「全webサイトデータを削除」を押す

Androidスマホ・タブレットでキャッシュを削除する方法

Androidのスマホ・タブレットでキャッシュを削除する方法です。 まずは普段使っているブラウザ(Chromeなど)を立ち上げ、以下の手順で削除します。

  • メニューから「設定」を選ぶ
  • 「プライバシー」を選ぶ
  • 「閲覧履歴データを消去する」を選ぶ
  • 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックをいれる
  • 「データを消去」を押す

また、Androidにはアプリのキャッシュもあります。これも削除しておくと良いでしょう。

  • 「設定」を選ぶ
  • 「ストレージ」を選ぶ(※1)
  • 「キャッシュされているデータ」を選ぶ
  • 「OK」を押す

※1 Android機種により表記が異なります。「端末容量」などと表示されるものもあります。

まとめ

スマホの容量不足解消として、根本的な解決策になるのは 「外部ストレージ」「クラウドストレージ」を利用することです。

外部ストレージ(SDカード)はお金こそ少しかかりますが、すぐ手元にデータがあり、自分で管理できます。 SDカードには様々な容量のものがあるので、用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

SDカード2

一方で、クラウドストレージはデータを預ける形となるので、すぐ手元にデータはありません。 しかし見たい時にすぐに見れ、削除も自分でできるので使い勝手は外部ストレージと変わりません。

Googleフォトでは容量を気にせずにたくさんの写真・動画を保存できますが、 Googleフォト以外の(無料の)クラウドストレージは容量がSDカードより低いものが多いです。

クラウドストレージとSDカード

クラウドストレージのリスクとしては、「提供している会社の不備でデータが消える可能性がある」 ということでしょうか。あとは、何らかの不備でデータが流出するといったことも挙げられます。

しかし、会社はその手のプロなので「間違って預けたデータが消えた」なんてことはほぼないでしょう。 むしろ、個人で管理するよりかは安全かと思います。

手元にデータがないことに不安を感じるのならば、クラウドストレージではなくSDカードなどの 外部ストレージで容量を増やすと良いでしょう。 その辺はその人の価値観と好みもあるので、お好きな方を選ぶと良いかと思います。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI