KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

ドメイン名にハイフン(-)はあり?なし?SEO効果について

ドメイン名にハイフンを入れるのがSEOで有利なのか不利なのかを調べてみました。 なので、調べた結果を簡潔にまとめたいと思います。

ドメイン名にハイフン(-)はあり?なし?SEO効果について

ハイフンを入れたときのSEO効果

まずは本題の調査結果ですが、ハイフンはSEOにはほぼ関係ないそうです。 ほぼというのが少し気になりますが、これは検索ロボットではないので断言できないのでしょう。 「例えあっても気にするほどではない」という情報が多かったです。

実際にハイフンありで上位表示されているサイトも多くありますし、 アクセス数が多いであろうブログでもドメイン名にハイフンを入れているケースがありました。

よって、ハイフンの有無が検索順位に関係するということは気にしなくて良さそうです。

ハイフンなしを推奨するサイトが多い

ハイフンの有無はSEOに関係ないとしながらも、 ドメイン名にはなるべくハイフンを使わない方が良いという情報が多かったです。

その理由を簡単にまとめると、副次的な要素が強かったです。 例えば、「ユーザがサイト入力をするときに打ちにくい」とか、 「ハイフンを入れるとドメイン名が長くなるので良くない」とかですね。

SEOに直接関係はないにしろ、別の観点から見るとハイフンはないほうが都合が良いということでしょう。

また、ドメイン名は「なるべく短く簡潔に」が基本なので、ハイフンを入れると必然的に ドメイン名が長くなりがちだから非推奨としているのですね。

ドメイン名を取得するときに重複を避ける方法

今回この調査をしたのは、取得したいドメインが既にに取られていたので、 ハイフンを入れて重複しないようにしようとしたからです。

なので、取得したいドメイン名が被っていた時の主な対応をまとめてみました。

略称を使う

ドメインを取得するとき、一般的な単語は人気があり既に取られている可能性が高いですが、 その略称で調べてみると、案外空いていたりします。

例えば、businessならbiz、internetならnetなどですね。 一般的な略がない単語の場合は、ドメイン名を見て意味が通じる略し方ならば問題ないかと思います。

ジャンルを入れる

これは記事を見てなるほど!と思ったのですが、ドメイン名にジャンルを加えることで重複を回避するパターンです。 例えば、洋服関連のドメイン名をつける場合は〇〇dressなどですね。

ただドメイン名が長くなっては元も子もないので、その点は注意が必要ですね。

数字を使う

ドメイン名に数字を入れることで重複を回避する方法もあります。 ただ、こちらもSEO的に気になったので調べました。

ハイフンを入れる

ユーザビリティなどの問題で入れるか入れないかだと、入れないほうが良さそうですが、 それでも1つくらいはハイフンを入れてもそれほど影響がないという見方が多かったです。

2つ以上入れるとドメイン名は長くなってしまいますが、1つ程度なら それほど長くならないかと思います。

まとめ

色々と調べてきましたが、ハイフンや数字などをドメイン名に入れることは SEOにおいて直接的なマイナスにはならないでしょう。

差がでるとしたらユーザがURLを入力するとき、もしくはパッと見たときにどう捉えるかなど、 間接的な要素で差がでる可能性があるということですね。 ただ、それでも神経質に考えるレベルではないと思います。

とはいえ、このような意見を聞くとなるべく使いたくなくなるのが人間ですよね。 なのでドメイン重複を避けるためには、以下の順番で試してみると良いかと思います。

  • まず最初に略せないか試してみる
  • 長くなりすぎないレベルで、ジャンル等意味のある単語を付けてみる
  • それでもダメなら、ハイフン・数字を入れる

上から順に試して、最後の手段でハイフンの追加などを試してみると良いかと思います。

この記事のシェアはこちらから

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI