KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

コンフォート入れ歯とは?メリットとデメリットまとめ

  • 作成日:2018/06/02

歯の治療方法の一つ「コンフォート入れ歯」の特徴についてまとめました。 他の治療方法との違いも合わせてご紹介します。

コンフォート入れ歯とは?メリットとデメリットまとめ

コンフォート入れ歯とは

コンフォート入れ歯とは入れ歯の一種であり、比較的新しい治療方法です。 「(生体用)シリコーン入れ歯」や「コンフォートデンチャー」といわれることもあります。

コンフォート入れ歯は柔らかい生体用シリコーンが入れ歯と歯茎の間でクッションになるため、 従来の入れ歯で発生する違和感や痛みをなくすことができるのが特徴です。 入れ歯の上位Verという位置づけですね。

補足

治療効果が高い分、治療金額も普通の入れ歯より高額になります。

コンフォート入れ歯はいくつか種類があり、1本歯が抜けけた方はもちろん、 全ての歯が抜けた場合でも対応できる治療方法です。

メリット

コンフォート入れ歯のメリットは以下のようになります。

噛む力が強く痛みがない

歯茎を生体用シリコーンでカバーするため、入れ歯を装着することで発生する痛みがありません。 また、シリコーンの吸盤作用により入れ歯が外れにくい効果があります。

そして、コンフォート入れ歯は従来の入れ歯と比較して噛む力が2倍になるといわれています。 よって、硬いものが噛めるようになり食事の幅が広がることが期待できます。

自分に合った入れ歯ができる

コンフォート入れ歯は個々の口にあったものを作るため、オーダーメイドの形式で作成されます。 患者の口に合った入れ歯を試行錯誤しながら作成していくので、完成された入れ歯は口にフィットします。

ゆえに、「入れ歯を作ったけど合わない・・」といったリスクが解消されます。

劣化がしにくい

劣化がしにくいのもメリットの一つです。仮に生体用シリコーンが剥がれてしまうなどのアクシデントがあったとしても、 正常な使い方をしていれば保証が適用されることもあります。

補足

保証期間は一概には言えませんが、3年間としている歯科医院が多い印象です。

デメリット

コンフォート入れ歯のデメリットは以下のようになります。

費用が高くなる

コンフォート入れ歯は保険適用外でなので、普通の入れ歯と比較して治療費が高額になるのがデメリットです。 使う材質にもよりますが、一般的な相場としては以下のようになります。

  • 総義歯(総入れ歯)→25万~30万
  • 部分入れ歯→15万~30万

治療効果が期待できる分、お金もかかってしまうという事ですね。

毎日のお手入れが必要

入れ歯と同様に、コンフォート入れ歯も毎日のお手入れが必要です。 具体的には以下のようなお手入れが必要になります。

  • コンフォート入れ歯を口から取り外しブラッシング
  • 水に洗浄剤を溶かして一晩つける
  • 再度水でブラッシングをして口に装着する

このようなお手入れをして入れ歯を清潔に保ちます。なお、普通の歯磨き粉などは刺激が強いため使用しません。

補足

詳しいお手入れ方法は歯科医師から直接ご確認ください。

また、コンフォート入れ歯は治療して終わりではなく定期的にメンテナンスをしてもらうことが望ましいです。 頻度は人により異なりますが、半年に一度などですね。

インプラント治療との違い

歯の治療で優れた効果をもたらすものにインプラント治療があります。 コンフォート入れ歯とどちらを選べば良いのかを比較してみてみましょう。

前提としてコンフォート入れ歯はあくまで入れ歯の一種なので、 基本的には入れ歯との違いとなります。ただ、上述した通り入れ歯の上位治療方なので、 その点も含めてご説明します。

効果はインプラント治療が上

基本的にはコンフォート入れ歯よりインプラント治療のほうが自然の歯に近くなるので、 治療効果はインプラント治療に軍配が上がります。

ただ、歯の状態によりインプラント治療ができなかったり推奨されないケースもあるので、 全ての人に「インプラントが良い!」といえるわけではありません。

費用はコンフォート入れ歯のが安い

コンフォート入れ歯とインプラント治療はどちらも保険適用外なので、普通の治療よりお金はかかりますが、 コンフォート入れ歯のが安く治療できます。

インプラント治療は歯1本につき30~50万円程度が相場なので、本数によっては数百万円かかることもあります。

手術の有無

コンフォート入れ歯はオーダーメイドで入れ歯を作成しますが手術はありません。

一方でインプラント治療は手術が必要となります。 ただ麻酔を使うため、手術による痛みはほとんどないケースが多いそうです。

メンテナンス方法

定期的なメンテナンスで通院するのはどちらも同じですが、日々のお手入れ方法が異なります。

コンフォート入れ歯は上述した通り入れ歯を取り外して洗浄する必要がありますが、 インプラントは自分の歯のように扱うため取り外しはできません。

入れ歯を付けたり外したりするのを手間と捉えるかどうかですね。

最後に

入れ歯の一種とはいえ、コンフォート入れ歯は安い治療方法ではありません。 「コンフォート入れ歯を試してみて、やっぱりインプラント治療にしよう・・」となると費用が高くなるので、 予め歯科医師に最適な治療方法を相談しておくと良いでしょう。

また、どの治療方法でも少なからず日々のお手入れは必要になります。 せっかく治療をして直した歯なので、今まで以上に大切にしてあげてください。

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI