KONOTI

この世界で得た知識・情報まとめ

【インプラント】1ピースと2ピースの違い

  • 作成日:2018/07/16
  • 更新日:2018/07/28

インプラントには1ピースタイプのものと2ピースタイプのものがあります。 これらの特徴をまとめました。

【インプラント】1ピースと2ピースの違い

1ピース

手術が1回法のみで使えるインプラントで、 アバットメントとフィクスチャー(インプラント)が一体型となっているタイプです。

インプラントを埋め込む骨がしっかりとしているときに使えるもので、費用は2ピースより安い傾向にあります。

主な特徴は以下となります。

  • 埋め込んだ方向で歯の形態がきまるので、微調整が難しい。ゆえに理想的な歯並びにならない場合がある。
  • 隙間が空き、食べ物が入りやすい
  • トラブルがあった場合インプラントごと撤去しなければならない
  • 将来的にインプラントの設計が変えにくい
  • インプラントメーカーによっては骨との結合が良いものがある
  • 骨が少ない箇所には向いていない

手術が1度のみの1回法で使用するため、治療が複雑にならないことがメリットですね。

2ピース

手術が1回法・2回法のどちらでも使えるインプラントで、 アバットメントとフィクスチャー(インプラント)が分離しているタイプです。

主な特徴は以下となります。

  • 前歯で審美性が良い場合に有効
  • メンテナンス・保守がしやすい
  • スクリューが緩むときがある

また、骨形成をする場合は2回法で2ピースのインプラントを使うのが一般的です。

まとめ

自分でインプラントタイプを指定できるのならば、2ピースタイプのインプラントが良いですね。 私が調べたところ、多くの歯科医が2ピースタイプのインプラントを推奨していました。 日本ではほぼ2ピースのインプラントが使われているという情報もありました。

1ピースタイプのインプラントも良い面はありますが、激安インプラントは大体1ピースタイプのものなので、 安さに惹かれて変なインプラントを埋入しないように注意してください。

安いインプラントを使いトラブルとなるケースもあるようですよ。

当サイトについて

当サイト(KONOTI)は、日常生活において運営者が得た情報をご紹介するサイトです。 ジャンルに多少の偏りはありますが、基本的には様々な情報を取り扱っていく予定です。

Contact

当サイトへのご連絡は以下よりお願いします。

PAGE TOP ▲

© Copyright 2019 KONOTI